お腹ポッコリに効くダイエットマシーン研究

アマル・クルーニーもやってるクラッシュダイエット

アマル・クルーニー

アマル・クルーニーもやってるクラッシュダイエット

クラッシュダイエットは、ヨーヨーダイエットとも言われており、体重の上下を繰り返したり、リバウンドをしてさらに体重が増えてしまう危険性もあることから、お薦めできない、という意見も多いダイエットです。

特に長期間行うことによって、倦怠感や内臓機能にも問題がおこる可能性があります。

断食と同様、クラッシュダイエットの回復食期間は、なるべくお腹にやさしいおかゆなどからスタートして1週間程度は消化の良いものを食べるように心掛けてくださいね。

さて、最近のオーストラリアの研究では、少しずつのダイエットと急激なダイエットは結果的に変わらない、という結論を出しています。

1つのグループは1日450キロカロリーから800キロカロリー(通常2000キロカロリーを摂取している女性)、もう2つのグループは1500キロカロリーで12週間過ごすという実験を行いました。
もちろん、結果としては1日450キロカロリーから800キロカロリーのグループの方が体重の約15%を落とすことが出来ました。

この研究では、さらに2年後に同じグループの体重を確認した際、両グループともほとんどの被験者の体重は元に戻っており、体重の落とし方が早くても遅くても結果は変わらなかった、という結論でした。

他の専門家でも、ダイエットの初期に大きな体重減を達成することは、ダイエットを継続させるモチベーションにもなるので良いことである、とも伝えています。

a:890 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional